イメージ画像

青汁に含まれるビタミンと役割

青汁には、非常にたくさんのビタミン類が含まれています。 だからこそ健康にも効果があり、美容にも役立ってくれるわけですが、具体的にどのようなビタミンが含まれているのでしょうか。

普段から野菜類や果物類をたくさん食べているという方であれば、ビタミン類の摂取量も十分なはずです。 ですが、野菜類や果物類を食べる機会がそれほど多くないという方は、青汁を摂取してみてはどうでしょうか。

青汁にはビタミンAやビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなどが豊富に含まれています。

ビタミンAといえば動物性の食品には多く含まれているビタミンのことです。 食材でいうとレバーに豊富に含まれているのですが、毎日継続して食べるのはなかなか難しいことですよね。

ビタミンAは体内に蓄積されるタイプのビタミンであるため、毎日食べる必要はないのですが、定期的に取り入れるのが難しいという方もいるかもしれませんね。

粘膜を健康に保つために欠かせない栄養素でもあるため、鼻などに異常を感じやすい方はビタミンAが不足していることを疑ってみましょう。

次にビタミンCについてですが、こちらは美容の面で欠かせない役割を持っています。 コラーゲンの生成を促すためにも役立ってくれるビタミンであるため、不足しないように注意が必要です。

ビタミンCの大きな特徴としていえるのが、一度にたくさん摂取したとしても体内にとどめておけないということです。 そのため、毎日こまめに摂取する必要があるのです。 青汁を毎日の日課にすれば自然にビタミンCを摂取できるため、美容対策の一環として青汁を飲むのも良いでしょう。

ビタミンEには生活習慣病を予防する働きがあります。

不足してしまった場合には、美容の目にも悪影響をもたらすので注意が必要です。

ビタミンKはカルシウムの代謝に関係している栄養素で、健康な骨を作るために重要な役割を持っています。

納豆などに多く含まれているのですが、苦手な方は青汁から取り入れると良いですね。

このページの先頭へ