イメージ画像

青汁の主原料 ケールについて

青汁の原材料として有名なのがケールです。 ただ、ケールはスーパーなどではあまり見かけることがないため、具体的にどのように野菜なのかわからないという方もいるかもしれません。

キャベツの原種でもある野菜なのですが、様々な野菜と比較してもすぐれた栄養価を持っています。

ならば食卓にも並べた方が良いのではと思うかもしれません。 ですが、独特な苦味とクセがあるため、そのままでは食べにくい野菜なのです。

罰ゲームの飲み物として使われることもあるくらいなので、かなりの苦味があると想像できるでしょう。

青汁では、ある程度苦味が抑えられているのですが、それでも初心者向けではありません。 そのため、ケールの栄養素を青汁で摂取したいと思っているのであれば、錠剤タイプのものを選択した方が良いでしょう。

そんなケールに含まれている栄養素についてご紹介します。

目の健康を守るために効果的な成分であるルテインや強力な抗酸化作用を持っているβカロテン、美容にも欠かせないビタミンC、カルシウム、食物繊維、血圧などを低下させる作用を持つメラトニンなどが含まれているのが特徴です。

青汁といえば、とにかく苦いものという印象を持っている方もいるかもしれません。 実際にケールを主原料としている青汁はかなり苦いので注意しましょう。

栄養価は高いものの、残念ながらおいしいとは言えません。

ですが、栄養素の高さからも青汁の分野では昔から人気があります。 例えば、生活習慣病の予防にも役立ってくれる野菜です。 特に、日常生活で肉ばかり食べている方は高血圧などにつながってしまうこともありますが、これを予防するためには野菜をたくさん摂取することが重要だとされています。

ケールには血糖値を改善する働きもあるため、生活習慣病の予防目的でも取り入れてみてはどうでしょうか。

また、目の健康維持にも役立ってくれます。 年を取ると老眼に悩まされてしまう方もいますが、ケールにはルテインという目の病気を改善するために役立ってくれる成分が含まれているため、いつまでも健康な目を維持したいという方もケールを主原料とした青汁がおすすめです。

このページの先頭へ