イメージ画像

青汁の主原料 明日葉について

明日葉も青汁の主原料として有名な野菜です。 名前の由来ともなっているのが強い生命力で、今日摘んでも明日また芽が出るという言い伝えによるものとされています。

これはあくまで言い伝えであるため、実際に翌日にすぐ芽を出すわけではないのですが、生命力が非常に強いことは間違いありません。

また、私たちが健康な体を維持するためにはビタミンやミネラルが欠かせませんが、明日葉にはたくさんのビタミンやミネラルが含まれています。

例えば、肥満の解消や老廃物の排除に効果的とされているカルコンという成分が含まれているのも魅力です。 カルコンには血糖値を下げる働きもあるため、青汁で糖尿病対策をとりたいと思っている方は明日葉を主原料としたものを選ぶと良いでしょう。

次に、利尿作用が高いルテオリンという成分も含まれています。 そのため、むくみに悩んでいる方も明日葉が含まれる青汁を選択すると良いですね。

また、免疫力の向上にも役立ってくれます。

ビタミン類はビタミンB1、B2、B6が含まれており、脂肪燃焼を助けてくれたり、ホルモンバランスを整える働きがあるため、ダイエット中の方にも嬉しい成分です。

それから、なんといっても明日葉を主原料とした青汁の魅力ともいえるのが、苦味が抑えられているということ。 青汁=マズイという印象を持っている方も多いかと思いますが、ケールなどに比べるととても口当たりが良いため、初めて青汁に挑戦するという方は明日葉を主原料としているものから選ぶと良いでしょう。

粉末タイプで飲むことも難しくありません。 おいしく青汁を続けたいと思っている方も明日葉を使ったものがおすすめです。

明日葉は高血圧を抑えるためにも役立ってくれる野菜なので、青汁でしっかり摂取していきたいですね。 高血圧になってしまう原因はいろいろあるものの、特に大きい問題だとされているのがナトリウムの蓄積によるものです。

明日葉にはカリウムというナトリウムを排出するのに役立つ成分が含まれているため、高血圧の改善に役立ってくれるでしょう。

このページの先頭へ